超基本

証券口座開設 これを知ってればつまづかない3つのポイント 超短く解説

米国株証券口座開設 これだけ押さえれば迷わない

証券口座の開設は、スマホで簡単にできます。

ついこの間、5つ目の証券口座を開設したのですが、スマホで10分でできました。

ただ、慣れないと、これなんだろう?となって先に進めなくなり時間が掛かってしまいます。

迷うポイントはたった3つだけです。

  • 特定口座の開設
  • NISAの選択
  • 規約の確認

結論は、

  • 特定口座は開設する
  • NISAは、【積み立てNISA】を選択する
  • 規約の確認は見たことにして✔する

です。

当然のことですが

  1. マイナンバーカード
  2. パスワードをメモする紙と鉛筆
  3. スマホ あればパソコンも

これは必須です。

特定口座とは

特定口座は開設しておかなければ、利益が出たときに確定申告が必要です。

メリット無いですが、自分で確定申告したい!という人以外は特定口座を開設します。

NISAの選択とは

もしNISAを他の証券口座でやっていなければ、積み立てNISAを申し込んでおきましょう。

普通のNISAはもうオワコンです。

(運用資金がたくさんあって、数年で増やしたいベテランは普通のNISAでもいいかもしれません。)

規約の確認とは

よくある、数百ページもある力作です。

よもやちゃんと読まなきゃと思う人はいないと思いますが、念のため書いておきます。

だれも読んじゃいません。

さっさと確認の✔を入れて申し込みを進めましょう。

最後に

初めて証券口座を開こうとすると、

  • 特定口座
  • 積み立てNISA

などの項目でつまずきやすいです。

ここをおさえておけば、サクサク開設できます。

ちなみに私は5つ開設してあります。

今後米国個別株をやる時に、

  • 証券会社によって取り扱っている株銘柄が違う
  • 分析ツールが使いやすい
  • よく取引する口座と、長期ホールドする口座などで使い分ける

などの目的があります。

まとめてサクサク開設しておけば、証券会社ごとにしっかりとパスワード管理もできるので、時間のある時にやっておくことがオススメです。

そんなかんじです。

あと、「投資は自己責任でお願いします。」です。

では!